子育て

つわりにはビタミンB6!含まれる食べ物・飲み物は?摂取量はどのくらい?

ビタミンB6はつわり対策として有効とされている栄養素です。

ビタミンB6を積極的に摂取摂取することによって

つわりを軽くする効果が期待できます!

患者を励ます理学療法師の写真

(逆に言うと、つわりがひどい妊婦さんはビタミンB6が不足していると言えますね)

ここでは

なぜビタミンB6がつわりに有効なのか、

ビタミンB6が含まれている食べ物・飲み物を紹介します(^^)

点滴にもビタミンB6が配合されています

白衣の微笑む女医の写真

つわりがひどくて何も口にできず

点滴治療を受けたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

あの点滴の中には主に

  • 水分
  • ブドウ糖
  • 電解質(特にカリウムとクロール)
  • ビタミン(特にビタミンB1、ビタミンB6)

が含まれています。

電解質のバランスを整え、脱水を治し、ブドウ糖で栄養を補います。

また、

つわり症状の軽減に有効なビタミンB1・B6が入っています。

クロールとは?

ナトリウムと共に水分保持や浸透圧調整に必要な電解質です。

つわりで嘔吐することにより値が低くなります。

つわりに対するビタミンB6の効果の根拠

人差し指を上げる女性モデルの写真

研究でも実証済み

つわりを軽減するのにビタミンB6の摂取が効果が期待できるというのは

日本産科婦人科学会/診察ガイドラインでも明記してあります。

ビタミンB6経口投与が「つわり」症状の緩和に有効性を示したとするRCT(※)があり、欧米では広く推奨されている。ビタミンB6投与量は妊婦体重や嘔気嘔吐の程度により調整されるがカナダは投与量を10mg×3~4回/日から開始して投与量上限を200mg/日としている。米国産婦人科学会ではビタミンBの投与は推奨レベルAと記載されているが、本書では推奨Cとした。

(日本産科婦人科学会/診察ガイドラインより抜粋)

※RCT=randomized controlled trial(ランダム化比較試験)

評価のバイアス(偏り)を避け、客観的に治療効果を評価することを目的とした研究試験の方法である

(Wikipediaより)

低下した血中のビタミンB6を補うことでつわりが軽減

ビタミンB6は水溶性のビタミンで、

食品の中に含まれているタンパク質からエネルギーを生成して、

血液や筋肉を作る働きを持っています。

妊娠すると、おなかの中の赤ちゃんを育てるために、

タンパク質代謝が促進されるため、

ビタミンB6が欠乏し嘔吐が誘発されるという説があります。

ビタミンB6と嘔吐の具体的な関係性は解明されていませんが

つわりがひどいの妊婦さんを調べると

血中のビタミンB6濃度が低下しているため、

ビタミンB6の補充することによって、

つわりの症状が軽減することが明らかになっています。

つわり時のビタミンB6はどれくらい摂取するといい?

顎に手をあて思い悩む女性の写真

18~49歳の妊婦のビタミンB6の推奨例は1.4mg/日

(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」)

ビタミンB6は水溶性ビタミンですが

過剰摂取による健康被害が報告されているので、

摂取してもよい上限量は45㎎/日とされています。

ビタミンB6は様々な食品に含まれているので、

バランスのよい食事を心がけていると適度に摂取することは可能ですが、

つわり時はいつものように食べられなくなる人も多いですね。。

できるだけビタミンB6を多く含む食材を取り入れましょう!

つわり中でもサプリメントが大丈夫な人は、それもありですね!(^^)

(ただし、必ず医師に相談してからにしてくださいね)

ビタミンB6が多く含まれている食べ物は?

牛刺し(ミスジ)の写真
  • 穀類(玄米やごまなど)
  • 赤身肉(豚肉や牛肉、レバー、鶏肉など)
  • 赤身の魚(かつお、まぐろ、鮭など)
  • でんぷん質の野菜(じゃがいもやさつまいも、とうもろこしなど)
  • 木の実類(ピーナッツなど)
  • 果物(いちごやバナナなど)

mitsuyuka
mitsuyuka
レバーはビタミンAのレチノールを多く含んでいます。脂溶性ビタミンなので、食べ過ぎると赤ちゃんに悪影響がでる可能性がありますので注意が必要です。

ひとつの食材ではなく、バランスよく食べるのがベストです(^^)

ビタミンB6が多く含まれている飲み物は?

小松菜やレモンなどでスムージーを作るの写真

つわりでつらいときは固形物を食べるのは厳しい人も多いですよね..。

そんな時はいちごやバナナなどをスムージーにして飲むのがおすすめ!

ビタミンB6のほかに、葉酸、カルシウム、ビタミンCなど、

妊婦さんにとってとても大切な栄養素も一緒に美味しく摂ることができます。

また、甘いのが大丈夫な人は甘酒もおすすめです!

甘酒は「飲む点滴」と言われているほど栄養満点

ビタミンB6の補給にも最適な飲み物です。

甘酒は、米麹で作るものと、酒粕で作るものがあり

どちらにもビタミンB6は含まれますが

妊娠中は当然アルコールは厳禁ですので(^-^;)

米麹で作る甘酒を飲んでくださいね。

ビタミンB6をサプリから摂取してもいいの?



つわりで食品からビタミンB6を摂取することは難しいときは、

ビタミン剤やサプリメントから摂取する方法もあります。

摂取する際は、念のために必ず

かかりつけ医に相談をしてから服用してください。

ビタミンB6を過剰に摂取すると?

「えっー、そんな馬鹿な・・」表情をする女性の写真

妊娠中に限ったことではありませんが

ビタミンB6を過剰に摂取すると

手足のしびれや神経障害を引き起こすことがあります。

ただし、このような極端な症状がでるのは

毎日上限量を超えるような多量のビタミンB6を摂取し続けた場合です。

ビタミンB群は水溶性で、不必要な分はすべて汗や尿などから排泄されますので、

普通に食事をしているのなら、過剰摂取になる心配はありません

このページのまとめ

  • ビタミンB6はつわりを軽くする効果が研究でもみとめられている
  • バランスのよい食事でビタミンB6はある程度摂取できる
  • サプリでとる時は必ず医師に相談

つわりは個人差があります。

ビタミンB6はつわりに有効とされていますが、

すべての人に効果が期待できるかはわかりませんし、

つわりがゼロになるわけでもありません。

つわりはとてもつらいですが、必ず終わりは来ますので

自分にあった対策をして頑張って乗り切りましょう!

つわり軽減?食べやすい・飲みやすいものランキング。アルカリ性食品が効果的? こんにちは♪mitsuyukaです(^^) つわり中ってホントになんにも食べられずつらいですよね。。 お医者さんから言われました...
ABOUT ME
mitsuyuka
絶賛反抗期の男女双子+自由な末っ子女子に振り回されながら毎日フル稼働のアラフォーワーママです。 家事力ゼロ、子供の一言にカチンと来てすぐ切れるダメ母ですが。。 今までの経験を活かした育児情報をメインに発信します。 無料、お得情報大好き! 美容や健康情報も好き!! 子育ては一時の試練です。 私も試練の真っ只中です..。 一緒に乗りきっていきましょう!