ママの健康

食品添加物を気にし過ぎると疲れます。摂っても大丈夫なもの、ダメなものは?

現代は生活習慣の変化もあり、食品加工の技術が進歩し

加工食品があふれています。

便利で美味しい反面、あまり身体によくない添加物も使用されており、

問題となっています。

でもその添加物を気にしすぎると

「厳しい局面の男性」の写真[モデル:大川竜弥]

「何も食べれられない..」

「なにを買ったらいいの?」

など、

普通に生活することがむずかしくなり

苦しくなってしまいます。

これでは体に悪いはずの食品添加物をよけても

意味がありませんね(^-^;)

 

結論から言うと、

全ての食品添加物が「悪」ではありません。

摂らないことが賢明なもの」だけを避けるだけで大丈夫です!

この記事は

「食品添加物」とはそもそも何なのか

私たちが生活するうえで本当に必要なのか

食品添加物の役割

などを解説していきます。

食品添加物とは

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、

食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

食品添加物は昔から

味をよくする

色や香りをつける

などの目的で塩や植物の実・葉っぱなどを食品に加えてきました。

mitsuyuka
mitsuyuka
食品添加物の始まりですね!

 

現在日本では、厚生労働省が食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、

人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。

また、使用が認められた食品添加物についても、国民一人当たりの摂取量を調査するなど、安全の確保に努めています。

しかし、食品の輸入が増えることに伴って諸外国と法律や制度が違うため、

日本では使ってはいけない添加物が検出されることもあります。

 

現代に生きる私たちが通常の食生活を送るには

「食品添加物」は避けて通れません

 

mitsuyuka
mitsuyuka
摂っても問題のないもの、摂ることを避けたいものを知り、健康を保ちましょう!

食品添加物の分類

「「日本のコンビニ飯は美味しい!」」の写真[モデル:Max_Ezaki]

食品添加物は様々な目的で使用され、その役割や効果の違いによって分類されます。

指定添加物

食品衛生法第12条に基づき、厚生労働大臣が使用してよいと定めた食品添加物です。

化学的合成品だけでなく、天然添加物も含まれます。

食品衛生法施行「指定添加物リスト」に収載されています。

指定添加物リスト(規則別表1)

食品衛生法 第12条

人の健康を損なうおそれのない場合として厚生労働大臣が薬事・食品衛生協議審議会の意見を聴いて定める場合を除いては、添加物(天然香料及び一般に食品として飲食に供されている物であつて添加物として使用されるものを除く。)並びにこれを含む製剤及び食品は、これを販売し、又は販売の用に供するために、製造し、輸入し、加工し、使用し、貯蔵し、若しくは陳列してはならない。

 

既存添加物

指定添加物のほか、長い食経験があるもので厚生労働大臣が認めたものは

例外的に使用、販売等が認められており、既存添加物名簿に収載されています。

この類型は、平成7年の食品衛生法改正により、

指定の対象が化学的合成品から天然物を含む全ての添加物に拡大された際に設けられました。

安全に問題のあるもの、使用実態のないものについては

名簿から除外されることもあります。

既存添加物名簿

一般食品添加物

食品衛生法第12条では

「一般に飲食に供されているもので添加物として使用されるもの」

と定義されています。

(イチゴジュース、寒天など)。

 

一般飲食物添加物リスト

天然香料

動植物から得られる天然の物質で、食品に香りを付ける目的で使用されるものです(バニラ香料、カニ香料など)。

基本的にその使用量はごくわずかであると考えられ

長年の食経験で健康被害がないとして使用が認められているものです。

 

天然香料基原物質リスト

食品添加物のメリット

「栄太郎のココナッツプリン〜コーヒーゼリーを乗せて〜」の写真

食品添加物は悪いことばかりではありません。

食品添加物を利用することによって

「食を豊かにする」

というメリットがあります。

ゼリーやプリンなどをぷるんとした食感にする

クッキーのいい香り

なども食品添加物のおかげです(^^)

また

肉や魚などの生ものは日持ちがしないので、

食中毒を予防

安全性を高めるためにも

保存料や殺菌剤はかかせないものになっています。

食品の安全性を保つ

食品添加物には

「食中毒の危険性をなくす」

「酸化による変色を防ぐ」

など

食品の安全性を保つ働きがあります。

  • 保存料・・ソルビン酸、安息香酸ナトリウム、εポリリジン など
  • 酸化防止剤・・L-アスコルビン酸、亜硫酸ナトリウム、dl-α-トコフェノール
  • 殺菌料・・次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸水、亜塩素酸あ水 など

食品の味や香りを高める

食品添加物には調味料、香料などにより味や香りを高めるはたらきがあります。

  • 着色料・・食用赤色2号、β-カロテン、ウコン色素 など
  • 香料・・酢酸エチル、バニリン など
  • 甘味料・・アスパルテーム、アセスルファムカリウム、ステビア抽出物 など

食品の食感や風味を生み出す

「豆腐」「麺類」「パン」などに加えることで

食感や風味を生み出す働きがあります。

  • 豆腐用凝固剤・・塩化マグネシウム、グルコノデルタラクトン、粗製海水塩化マグネシウム など
  • かんすい(麺類)・・炭酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウムなど
  • イーストフード(パン)・・塩化アンモニウム、塩化マグネシウム など

食品の栄養を満たす・高める

ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類などにより

栄養価を高める働きがあります。

食品の安全性を保つ働きがあります。

  • 栄養強化剤・・L-アスコルビン酸、β-カロテン、焼成カルシウム など

食品添加物のデメリット

「腕組みしながらダメ出しする会社員」の写真[モデル:大川竜弥]

摂取量によっては危険性がある

食品添加物は摂りすぎると身体に害がでる危険性もあります。

厚生労働省では

ひとが一生食べ続けても健康に問題がないと認めた食品添加物の

1日当たりの摂取量ADIを定めています。

「1日摂取許容量」(ADI=Acceptable Daily Intake)

例えば「薄切りハム」なら..

 

ハムには「ソルビン酸」が含まれています。

ハムに使用されているソルビン酸の使用基準は1kgあたり2.0g以下です。

ADIはひとの体重1kgあたり0~25mgです。

 

大人(体重50kgで計算)

ハム:48枚相当

(ソルビン酸:1,250mg)

 

子供(体重15.7kgで計算)

ハム:15枚相当

(ソルビン酸:392.5mg)

毎日これだけの量のハムを食べる人はまずいないでしょうから(^-^;)

あまり神経質にならなくて大丈夫です!

食品添加物の複合摂取の危険性は未知数

厚生労働省が安全性を認めている添加物テストは単品でおこなわれています。

複合的に摂取した場合の影響はきちんと検査されていないため

危険性は未知数です。

例えば..

  • コンビニやスーパーのおにぎり
  • コンビニやスーパーのサンドイッチ
  • カップ麺  など

 

こちらの記事で摂ってはいけない食品添加物を一覧にしています。

必ず見てください!!

調理方法で工夫をしよう

無添加や無農薬のものを毎日手に入れるのは

忙しい現代人にとっては現実問題困難ですし、

経済的にも負担が大きいです。

ですので調理方法で工夫するのがいいかと思います。

ハムやベーコンなどは湯通しや下茹でをするだけで

かなりの添加物を除去できます。

まとめ

「食品添加物」=「身体に悪そう」というイメージがあるかもしれませんが

一概にそうとは言えません。

(豆腐を作るのにかかせない「にがり(塩化マグネシウム)」も食品添加物の1つです。)

また、人工的な合成添加物が悪く、天然由来が体に害がないとも限りません

現代の食生活において、すべての食品添加物から避けることは難しいです。

ですが、

避けたい食品添加物が存在するのは事実ですので

そういったものをできるだけ控えたり

(食品の表示を見る、レトルトやコンビニ弁当ばかりを食べない など)

調理方法を工夫するなどするといいですね!

食品添加物は食を豊かにしてくれるものでもあります。

「添加物は悪いもの」ばかりではないことを理解し

あまり神経質にならないようにしましょう(^^)

 

安全なお野菜や食品の宅配サービスを利用するのも手ですよ↓

https://mitsuyuka.com/2021/03/24/radish-boya/

 

(情報:厚生労働省より引用)

ABOUT ME
mitsuyuka
絶賛反抗期の男女双子+自由な末っ子女子に振り回されながら毎日フル稼働のアラフォーワーママです。 家事力ゼロ、子供の一言にカチンと来てすぐ切れるダメ母ですが。。 今までの経験を活かした育児情報をメインに発信します。 無料、お得情報大好き! 美容や健康情報も好き!! 子育ては一時の試練です。 私も試練の真っ只中です..。 一緒に乗りきっていきましょう!